高速ダビングとぴったりダビング


ジャンル:電化製品

トップ 高速ダビング


ビクターDR-MH300を使用しています。
先日、LPモードでHDDに録画したものをRAM120minにダビングしようしました。一部編集(カット)しているため、Rなどでは高速ダビングができないためです。
その際、高速ダビングにすると260分(映画1本又は2本)位しか録画できないのに、ぴったりダビングやお好みダビングにすると430分(映画3本)以上も録画できてしまいます。
高速ダビングってそんなに容量が必要なのでしょうか?


 

時間とデータ量を混同されているようですので整理しますが、
<仮定(値は適当です)>
SPモード:約4.6Mbpsで2時間で4.7GB(DVD-R1枚)
LPモード:約2.3Mbpsで4時間で4.7GB

このLPモードで録画したものをDVD-Rに焼くので、約4時間入ります。

それをぴったりダビングにすると430分を4.7GBに焼けるというのは、レートを自動で約1.3Mbpsまで落として画質を低下させてDVD-Rに焼いていることになります。

1.3Mbpsの画質では見るのに厳しいと思いますよ…


>高速ダビングにすると260分(映画1本又は2本)位しか録画できないのに、ぴったりダビングやお好みダビングにすると430分(映画3本)以上も録画できてしまいます。
高速ダビングってそんなに容量が必要なのでしょうか?

最初の質問では260分ぐらいしか出来ないと書かれていたようですが
260分は4時間20分のことです
FR155〜FR240(LPモード)のレートで録画した番組は
編集しなくてもR(ビデオモード)に高速ダビング出来ません、FR95〜FR150の間でも16:9の番組は高速で出来ません
この場合はTVの種類を4:3にしておけば出来ます
これはビクターの仕様です

Rに保存ならRをフォーマット(VRモードになります)してダビングすれば高速ダビング出来ます
(再生できる機種は限られますが)
MH300ならRAMよりRWをVRモードでフォーマットしてダビングするほうをお奨めします
価格が安いし安定性もRWの方が良い

ついでに
高速ダビング=録画したレートそのまま
お好みダビング=レート指定ダビング
ぴったりダビング=自動的に最適なレートでダビング

レートでFR300以上のモードを選ぶと画質が極端に落ちます




 

PCや生活に便利な情報:他の話題


11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22  | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31

32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52